水漏れを発見したら最初にやっておくべきこと

水漏れを発見したら最初にやっておくべきこと 水漏れトラブルはどの家庭でも起こりうると考えられます。水回りの設備が古くなっている家庭はもちろん、新しい家やマンションでも起こることがあるため油断はできません。正しい対処法を身につけて、万が一に備えましょう。
前もってやっておきたいこととして、まず家全体の水道の元栓や、洗面台やトイレなど各箇所の止水栓の場所を確認しておきましょう。水漏れを発見した際には元栓や止水栓を閉めて水の流れを止めてしまえば、それ以上水が漏れてきません。普段の生活ではなかなか意識しにくいものだからこそ、場所をあらかじめ確認しておくといざというときに焦らずに済みます。

■戸建ての元栓のある場所と閉め方

各箇所の止水栓を閉めれば、台所なら台所だけ、お風呂ならお風呂だけの水道をストップできます。さらに元栓を閉めれば家全体の水道をストップさせられます。基本的に水漏れしている場所の止水栓を閉めてから修理の作業が終わるのを待つことになりますが、止水栓がどこにも見当たらなければいったん元栓を閉めておくと良いでしょう。
元栓は、戸建の多くが屋外の水道メーターボックスの中に設置されています。水道のメーターボックスは、水色のプラスチックや鉄の蓋で覆われています。蓋を開けるとメーターの横に、手で回せるハンドルが付いており、これが元栓になります。時計回りに回すと閉めることができます。ハンドルは、車のハンドルのような形状のタイプと、指でつかんで回すタイプがあります。指でつかんで回すタイプは、固くなって閉めづらいことがあります。その際はペンチで挟むと回しやすいでしょう。
メーターボックスの中になければ、その近くに鉄の丸い蓋がないか探しましょう。その中に元栓があります。このタイプの元栓を開閉するには、専用のキーが必要です。

■マンションやアパートの元栓のある場所と閉め方
マンションや部屋数の多い集合住宅の水道の元栓は、玄関を出てドアの横にあるパイプシャフトの中にあることが多いです。パイプシャフトの扉を開けると、消火器やガスの元栓などと一緒に水道の元栓があります。これを右に回せば閉めることができます。注意点としては、自分の部屋だけでなく、隣の部屋の元栓も一つのパイプシャフトの中に入っていることがあります。間違って隣の部屋の元栓を閉めると迷惑が掛かりますので、間違えないようにしましょう。元栓ごとに部屋番号の記載があれば確認して、分からなければ水道局に問い合わせましょう。
部屋数の少ないアパートの場合は、駐車場などの共有スペースの地中に水道の元栓があるケースが多いです。マンションと同様に、他の部屋の元栓も一緒にあることが多いため注意を要します。

■止水栓のある場所と閉め方

止水栓は屋内にあり、トイレや台所など各箇所のそばに一つずつあります。止水栓の形状は、大きく分けてハンドル式のものと、マイナスドライバーで回すタイプのものがあります。いずれのタイプも、時計回りに固くなるまで回すと閉まります。
トイレでは、タンクの横の壁面からタンクへと接続している給水管が伸びているはずです。この給水管の途中のどこかに止水栓が付いています。
台所では、シンク下の扉を開けると奥に給水管と給湯管が見えます。向かって右が給水管、向かって左が給湯管です。それぞれの管の途中に止水栓が付いています。点検口やパネルの中に給水管と給湯管が隠れていて見えないこともあります。洗面台の止水栓も台所とほぼ同様に、洗面台の下の扉の中にあります。
お風呂の止水栓は、水道の蛇口の根元にあります。水と湯のぞれぞれに止水栓が付いています。

■まとめ
水漏れをはじめとする水のトラブルを自分で修理する方法は、インターネット上で検索すれば知ることができます。簡単なナットの締め直しやパーツの交換なら初心者でも手出ししやすいでしょう。しかし、水漏れしている原因や場所がはっきり特定できない場合には、修理業者に依頼した方が安心です。修理業者は、専門的な知識やプロ用の器具などを備えているため、問題の解決を素早く行ってくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース